WATER RATE水道コストの削減

電気代より目立つことはありませんが、水道代も意外にかかってしまいます。

節水をして水道料金を抑えたいという反面、「水の出が悪くなるのでは?」という不安になる方もいらっしゃると思います。しかし、近年では適切な水量を保ち、使用する際に違和感に思うことなくご利用できる以下のような節水器具も出てきました。

  • 節水型加圧型器具

    昔の節水泡沫器には「分流がされず泡沫状態にならない」「節水効率が悪い」などの問題がありましたが、最近の「節水型加圧泡沫器」は水の通過口に真空状態を作り外気を大量に取り込むことで少量の水でも使用感が向上し、節水効率を上げることが可能となります。

  • トイレ節水器

    水道使用頻度が高いトイレ。トイレの節水では、タンクにペットボトルを入れるという方法もありますが、ペットボトルが水流を妨害することで流れが悪くなり、何度も流す事もあったりします。その上、節水出来る量はたったの2リットル。最近の節水器では、節水弁に取り付けるだけで、水圧を下げることなく節水することが可能となりました。

文字通り湯水のごとく使いがちな水道コストを、意識することなく削減する方法をご検討してみてはいかがでしょうか。

水道コストの削減 

  • 会社概要
  • 事業内容 コンセプト
  • 空調の電気代を削減したい方はこちら
  • 水道使用量の削減をしたい方はこちら
  • 水道管の補正をしたい方はこちら
  • セキュリティシステムの導入をしたい方はこちら
  • 耐震関係
  • お問い合わせフォーム
成功事例・実績 株式会社トイランド
Copyright © 株式会社トイランド. All Rights Reserved.